より刺激的なDVD教材を選び出せ!

社労士試験は、一筋縄ではいかない難しい試験ということもあり、受験者を対象とした数多くの通信講座が存在しています。その中には、講義DVDが付属している講座もいくつかあるようです。
もちろん、DVDであればすべてよい、というわけではなく、その内容によっては学習効果に差が出ることも考えられます。
そこで、どんなDVD教材がより効果的なのか、そのポイントを解説したいと思います。

①.講義風景を固定カメラで収録したものは避ける
通学生と通信生の両方の講座を持つ学校の場合、通信生がDVDを申し込むと、通学生が受けている講義風景を固定カメラで収録したものが送られてくることがあります。
このようなDVDは、専用スタジオで収録したものではないので、画質や音質の面で問題があるのはもちろんのこと、一番の問題は、通学生徒のやり取りや質問に無駄な時間がとられるというところです。
一度学習した箇所を生徒の質問によってもう一度聞かされることになったり、DVDを見ている側にとっては、イライラすることがあります。
講師がカメラに向かって講義を行う形式の講義DVDを選ぶことが、まず基本と言えるでしょう。
②黒板やホワイトボードを使っていないものがよい
講師が黒板を背にして講義を行うDVDをよく見かけますが、黒板に白のチョークで書かれた文字というのは、視覚的には効果が薄いものです。
ホワイトボードにカラーのマジックで板書する場合もありますが、そもそも講師が後ろを向いて板書する時間がかなり無駄に感じられます。
あらかじめ用意されている文字や表、図などを画面に映す形で進められる講義のほうが、より効果的に学習できると言えます。
③.より視覚&聴覚への刺激が強いものを選ぶ
上記のポイントと重なる部分もありますが、モノクロよりはカラー、雑音が多いものよりはクリアな音質のものの方が、脳への刺激は強くなります。それだけ、質の高いDVDのほうが記憶に残りやすいということなのです。
初心者向け社労士DVD教材を探している方にお勧め!!フォーサイトの社会保険労務士講座

c