“読む”だけより“見て・聴く”学習が脳を刺激する!

試験の出題範囲として指定されている法律を頭に入れていく作業は、自分の精神にとっても脳にとっても苦痛を伴う作業にほかなりません。
そもそも人間の脳は、物事を憶えることよりも忘れることの方が得意なのです。
しかし、自分の生命に危険が及ぶような重大な事柄だけは覚えてくれるので、何かを記憶したいときは、生命の危機に瀕したと脳に勘違いさせるのが有効なのだそうです。
では、どうすれば脳は、試験に出題される法律のことを、生命を脅かすほどの重大な事柄だと勘違いしてくれるのでしょう?
それは、何度も繰り返し脳を刺激する、という方法をとればよいのです。

幼いころから、学習における予習・復習の重要性は先生や親から言い聞かされてきたことと思います。
同じ内容を何度も繰り返し学習することで、脳は「よほど重要な情報なんだな」と勘違いしてくれるわけです。
しかし、それだけではまだ十分とは言えません。
さらに効果を上げるのは、視覚と聴覚を刺激しながらの反復学習です。

人間の脳は、五感をフルに活用すればするほど学習効果が上がると言われていて、モノクロのテキストよりはカラーのテキストのほうが、CDよりはDVDの講義の方が効果的なのだそうです。
DVDの講義を聴きながらテキストを読み込んでいくと、講師の言葉の端々やテキストの文字の色などと関連して知識が脳に定着していくのが分かります。
実際の試験のときにもこのことは実感できて、「この項目はテキストの右端にグリーンの文字でかかれてあった!」などと記憶を引き出すきっかけにもなってくれるはずです。

このように、テキストや問題集だけの学習よりも、DVD講義を活用した学習の方が脳を刺激して、より短期間で必要な情報を頭に入れることができるというわけです。

初心者向け社労士DVD教材を探している方にお勧め!!フォーサイトの社会保険労務士講座

c