基本の勉強法をマスターすれば、合格へぐんと近づく!

学習を始める前に、基本の学習方法をマスターしてからでも遅くはありません。
膨大な試験範囲をカバーするためには、効率よい学習法が必須ですから、短い時間に少しでも多くの頻出項目を頭に入れることができる方法を身につけましょう。

ポイント1 法律学習は、順番を守るのが鉄則!
社労士試験の出題範囲となっている法律は、大きく分けると労働関係と社会保険のふたつに分類されます。
同じジャンルに分類されている法律は、互いに関連している部分が多いので、それぞれの基礎となる法律から勉強して、それを基盤としながら少しずつ知識を増やしていくという方法で学習するのが効率的だといえます。
例えば、労働関係のジャンルで基礎となるのは労働基準法、社会保険のジャンルで基礎となるのは健康保険法ですので、そのどちらかから学習を始めるのがよいと思います。
ポイント2 毎年行われる法改正は確実にチェックしておく
社労士試験の特徴のひとつとして、出題範囲の法律が毎年必ず一部改正されるということが挙げられます。しかも、改正された部分はその年の試験に出題されやすい傾向があるのです。
チェックしなければならない項目が増えて面倒だと思ってしまいますが、逆に言えば出題される確立が高い部分を毎年指定されている、と考えることもできますね。
出題されるのは、試験が行われる8月から、翌年の試験がいようが発表される4月中旬までの期間の法改正で、通信講座の法改正対策などを受講すれば、確実に情報がゲットできると思います
ポイント3 意外と重要!一般常識対策は日常の新聞チェックの積み重ねで
一般常識問題は出題傾向が絞りにくく、対策が立てにくいと思います。しかし、一般常識は労働関係と社会保険のそれぞれのジャンルからしっかり出題されていますし、ほかの科目と同様に足きり点が設けられているのも事実。ほかの科目では得点できていたのに、一般常識で得点できずに不合格となってしまう受験者も多いそうです。
そこで、対策としては、労働白書や最新の統計などの数字に必ず目を通し、広く浅くチェックしておくことが唯一の方法。テレビのニュースや新聞で取り上げられている労働関係のトピックスや、年金関係の話題などは確実におさえておくことが重要です。
初心者向け社労士DVD教材を探している方にお勧め!!フォーサイトの社会保険労務士講座

c