働き方を選択可能!フレキシブルな資格

社会保険労務士という資格の魅力として挙げられるのは、資格取得後のワークスタイルが選択できること。
ひとつは、企業の人事や総務の部署に所属しながらこの資格を活かす、『勤務社労士』というスタイル。もうひとつは、自分の事務所を構えたり、何らかの方法で独立開業する、『開業社労士』というスタイルです。

大企業の場合は社員の社会保険などの手続きは社内で社会保険労務士の資格を持っている人(勤務社労士)が行っていますから、この資格を持っていれば就職や転職で大きな武器になるということは間違いありません。大きな企業の人事部などで安定した仕事&安定した収入を得たいと思っている人にはかなり有効な資格だと思います。
そして、中小規模の企業の場合は、社内に資格を持っている人材がいないことが多いので、社外の社労士(開業社労士)と契約を結んで人事・労務関係の書類作成や手続きを委託することになります。
開業社労士は、何よりも会社に縛られずに自由に仕事ができ、自らの営業力次第で高収入を狙うこともできるという点が魅力でしょう。

長期間の安定した収入をお望みならば、企業に勤務しながらこの資格を活かしていくという道を選べばよいですし、「何が何でも年収1000万稼ぐぞ!」という人なら、独立して自らの城(事務所)を築いて働く方法を選択すればよいのです。
当然のことながら、資格を取得しただけですぐに高収入に繋がる保障はありませんが、それだけの切り札(資格)を持っている、というのは社会人としてかなり有利な立場に立てるのではないでしょうか。

初心者向け社労士DVD教材を探している方にお勧め!!フォーサイトの社会保険労務士講座

c